体内で働く乳酸菌の効果と、死菌の役割とは!

 

乳酸菌の入っているおすすめの食品は

そもそも乳酸菌が身体に良いと言われたのが100年も前からなんです。

「ブルガリアに長寿の人が何で多いんだろう?」と疑問に思ったロシアの生物学者が、他の地方と違うのは「ヨーグルトをたくさん摂っているからだんだ!」

と位置づけたことにより、ヨーグルトが健康に良いと広まっていったのです。

その後、研究が進み整腸作用だけではなく、さまざまな効果があると明白になってきました。

健康維持に役立つイメージが強い乳酸菌は、いったいどんな役目があるのか?

死菌とは死んだ菌の事ですが、役に立っているのか?

解説させて頂きます。

乳酸菌とは何か

発酵乳とは、乳に菌(乳酸菌・酵母菌)を加えて、一定程度の温度で保管することで微生物を増殖させ乳酸を作りだした製品の事を言います。

代表的なのがヨーグルトです。

厚生労働省では、乳酸菌の定義としては次のように説明しています。

 

発酵によって糖から乳酸をつくる嫌気性の微生物の総称。腸内で悪玉菌の繁殖を抑え、腸内環境を整える。

発酵によって糖類から乳酸を作り出す性質を持つ微生物のことを指します。人体に有益な菌のため「善玉菌」とも呼ばれます。
食品としては、ヨーグルト・チーズ・漬け物・日本酒など発酵食品の製造に使われています。ヨーグルトなどでよく知られているビフィズス菌も乳酸菌の一種です。

乳酸菌は腸内で大腸菌など悪玉菌の繁殖を抑え、腸内菌のバランスをとる役割を果たしています。そして便通の改善だけではなく、コレステロールの低下や免疫力を高め、がんを予防するなど、さまざまな働きがあると言われています。最近ではピロリ菌を排除するなど、特徴のある機能を持つ乳酸菌も研究されています。

 

乳酸菌の働きは

人の腸内にはある細菌の数は100兆個~1000兆個ともいわれています。

これだけたくさんの細菌は、大きく分けると善玉菌(ビフィズス菌)、日和見菌、悪玉菌の3つに分かれてます

この菌のバランスは順に2:7:1が良いとされており崩れてしまうと、私たちの健康に大きな影響を及ぼしてしまいます。

悪玉菌が増えると、肌が荒れ、免疫力が低下、便秘、太りやすなどといった様々な症状を引き起こします。

日和見菌自体は、何も影響はありませんが、腸内の環境のの変化により、強い方に見方する菌なんです。

よって常に、善玉菌が増えて日和菌を見方につけておかなければなりません。

この菌のバランスに一役かっているのが乳酸菌なんです。

乳酸菌は、食物から体内に入ると、消化酵素によって腸まで行けず死滅してしまうものと、生きて腸までたどり着く乳酸菌に別れます。

腸まで届いた乳酸菌は、腸内にいる善玉菌を増やしてくれ、さらに悪玉菌を退治までしてくれます。

善玉菌が増えたことにより、腸内に入り込んだ毒素や病原菌をしっかりと退治することで、血液がサラサラになって栄養素が全身にまわり、美肌効果や様々な健康回復に影響を与えます。

死滅した乳酸菌は、退治された毒素や病原菌を食物繊維などと、一緒に便となって排出され腸内をキレイな状態にしてくれます。

乳酸菌の種類は

 

乳酸菌は、「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」の2種類に分けられます。

1、動物性乳酸菌とは、主に乳製品に含まれている乳酸菌の事を言い、ヨーグルトやチーズに多く含まれています。

動物性乳酸菌は、他の菌との共存が出来ず、栄養価の高いところでしか繁殖できず、温度も安定した一定程度のところでしか生存できません。

それに胃酸に弱い為大部分は腸まで届かず「死菌」となってしまいます。

では、「動物性乳酸菌をとる必要がない。」と思われますが、じつは死菌になってからも大事な役割があるんです。

死菌になった動物性乳酸菌は、腸内に届いてから善玉菌のエサとなります

さらに、善玉菌が退治した体内の細菌や毒素を食物繊維と一緒に、体の外に排出してくれます。

また、生きて腸に届いた動物性乳酸菌は植物性乳酸菌よりも成長作用が優れていると言われています。

よって、動物性乳酸菌は生活習慣の中で安定して摂取して行くことが大切です。

 

2、植物性乳酸菌は動物性乳酸菌と違い、栄養価の少ない処で育つ事ができ、胃酸にも強く、至適温度の幅も広いこと乳糖以外の様々な糖で発酵が可能で、他の菌との共存もできる力強い菌なんです。

このように過酷な環境の中に製造しているために、確実に腸内に届くのが植物性乳酸菌なんです

乳酸菌は、直接腸に何かの影響を与えるわけではなく、腸壁を刺激してくれることで、ぜん動運動を促進させることで腸の成長作用をサポートしています。

また、乳酸菌は悪玉菌を抑える働きがあることで、免疫力の低下や便秘、発がん物質の生産などを引き起すのを防ぎます。

悪玉菌の正体とは、黄色ブドウ球菌やウェルシュ菌などのことです

これらが食べかすのタンパク質やアミノ酸を分解する時に、発生して出来た物質がオナラやウンチの臭いにおいの元となります。

この中には、病気の原因となる有害物質もあるので注意が必要です。

悪玉菌が全くなくなれば良いのか?というとそうでもないんです。

いつも害を及ぼすわけではなく、消化や吸収をサポートしたり免疫機能を高めたりすることもあったりと、程々に役立ったりします。

要するに、悪玉菌を必要以上に増殖させないことなんです。

乳酸菌が多い食べ物は?

1、動物性乳酸菌

動物性乳酸菌を含む食べ物とは、ヨーグルトやチーズなどの乳製品だけではないんです。

魚や肉の発酵食品などもあり、代表的なのが生ハム、ニシン麹漬け、鰹節、くさや、フナ寿司、アンチョビ、塩辛、発酵バターなどと言った食品です。

日頃、毎日摂取する為には、やはり手ごろな飲むヨーグルトが一番良いでしょう。

しかし、ヨーグルトの中でも動物性乳酸菌は共存が出来ない為に、商品によって混合されている乳酸菌が異なりますので、自分に合った乳酸菌を選ぶ事が大切です。

1073R-1乳酸菌

とても人気のある明治のR-1は、風邪罹患リスクの低減やインフルエンザ抑制の効果があるとされています。

・ブルガリア菌2038株、サーモフィルス菌1131株

明治乳業のブルガリアヨーグルトは、二つの菌から作られているもっとも標準的なヨーグルトと言えるでしょう。

ブルガリア菌はブルガリア本国から取り寄せられているから、ブルガリアヨーグルトと命名されています。

便秘の改善や皮膚機能の改善、整腸作用などの効果が期待されています。

・LGG菌

タカナシヨーグルトの「おなかへGG」は、乳児のアトピー発現抑制、整腸作用、免疫力向上効果、花粉症などに効果があるとされています。

・クレモリスFC株

長寿な人が多い国で食べられていたクレモリスFC株が、混合されたフジッコ「カスピ海ヨーグルト」は、

便秘の改善、肌荒れ改善、アトピー性皮膚炎の改善、コレステロール値の改善などが期待されています。

・プラズマ乳酸菌

小岩井の「プラズマ乳酸菌ヨーグルト」のプラズマ乳酸菌は、ウイルスに反応して活性化し、ウイルスやガン細胞の抑制や細胞増殖の抑制などの命令を、他の免疫細胞に伝える司令塔のような役割をしています。

インフルエンザ、かぜの症状を和らげる、アレルギー体質をやわらげるなどの効果が期待されると言われています。

 

2、植物性乳酸菌

米、麦、豆類、野菜などの植物性食品を発酵させるのに必要なのが、植物性乳酸菌です。

食物に生息する乳酸菌を含む食品は、次のような物があります。

漬物、キムチ、ザーサイ、ピクルス、ザワークラウト、味噌、醤油、塩麹、納豆、ぬか漬け、お酒、ワインなどです。

食物性乳酸菌は、野菜などに含まれるブドウ糖やショ糖などを養分としています。

酸やアルカリ、温度変化にも強く途中で死滅することなく、しっかりと腸まで届きます。

だからといって、食物性乳酸菌だけを摂ればよいというわけではありません。

栄養価も異なりますので、あくまでも動物性と植物性の両方をバランス良く摂る事が大切です。

善玉元気

通常価格 6,980円(税込) 30袋 1ヶ月分

定期購入 初回 3,980円(税込み) 

ゼリータイプのサプリメントで、製法特許取得された乳酸菌発酵エキスは、生きて腸まで届くと日本薬学会で研究成果が発表されました。

NHKでも特集された短鎖脂肪酸は善玉菌を助けたり、体を内側からガードしたりと生体調節機能を果たしていて、中には生活習慣病と密接な関係にあるものもあります。

その短鎖脂肪酸はその臭い、味、吸収性などから食べたり飲んだりして摂ることが困難です。

そこで352種類以上の有用な成分と一緒に摂ることで、飲みやすく吸収力をアップさせました。

さらに35種類の人由来の乳酸菌・ビフィズス菌の「共棲培養(乳酸菌の戦う力を引き上げた)」し乳酸菌発酵に使われています。

善玉元気を購入する

乳酸菌革命

通常価格 2,880円(税込) 62粒 1ヶ月分

定期購入 初回 2,730円(税込み) 

定期コースはいつでも止めれるので、安心して購入出来ます。

3大乳酸菌のビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌をはじめとして、ラクトバチルスガッセリーやビフィドバクテリウムなどの主要な乳酸菌を16種類もバランスよく配合され

さらに腸に届きやすくする為に、耐酸性カプセルで乳酸菌を守って、腸まで無事に届けるようにしました。

そして安全に安心して使って頂けるように、科学性の添加物を一切使用はしていません。

乳酸革命を購入する

ロイヤルユキ「ケフィアヨーグルト」

通常価格 1,360円(税込み)たね菌10本 500mlの牛乳/本

モニター価格 初回 980円(税込み)

500mlの牛乳にケフィアヨーグルトを1本入れて、付属のくるみちゃんで巻き24時間で完成します。冷蔵庫に入れて冷やしてからお召し上がりください。

ケフィアヨーグルトは、一般では販売していませんので、自分で作るしかないんです。

一般的なヨーグルトが乳酸菌だけの「単独発酵」なのに対して作られるのに比べ、ケフィアは複数の乳酸菌と複数の酵母の両方が「共生発酵」して作られ、生きて腸まで届く最大の特長を持っています。

とてもデリケートな菌の為に、お店では販売できず自分で作るしかないのです。

5種類の乳酸菌と酵母が共存し、さらにビフィズス菌を足した力で腸内環境を整えてくれます。

ケフィアヨーグルトを購入する

乳酸菌ミドリムシ

通常価格 4,975円(税込)180粒入 1ヶ月分

モニター価格 初回 980円(税込)80%OFF

東京大学やNASAなども注目をしている石垣島産のミドリムシ(ユーグレイナ)
は、ビタミン・ミネラル、アミノ酸、DHA・EPAなどの天然の栄養素を59種類もバランスよく含んでいます。
そして熱や酸に強い有胞子性乳酸菌や、善玉菌が好んで食べる2種類のオリゴ糖が混合されています。
さらに、アルカリ食品の王様として知られている、石垣島産クロレラのアミノ酸、ビタミン類、ミネラル類の栄養素が健康をサポートしてくれます。
6粒で300億個の乳酸菌と5億個のミドリムシ !

乳酸菌ミドリムシを購入する

くるポン

通常価格 3,800円(税別)180粒入 1ヶ月分

モニター価格 初回 1,800円(税別)80%OFF

お医者さんや薬剤師さんが推奨してくれている、子供と大人が一緒に食べるお菓子サプリメントです。

成長していくにつれて身体の中の善玉菌は減少し、善玉菌が多くなっていきます。

善玉菌のエサでもあるオリゴ糖が5種類も配合されて、善玉菌を元気にします。

さらに一般的なヨーグルト7.5個分の乳酸菌300億個!

そして食物繊維、ビタミンC、マルチトース、ラカンカなどの4つの栄養分も加わり、砂糖・着色料・人工甘味料は一切使わず、甘味料としては「キシリトール」を配合して子供に優しいサプリメントになっています。

くるポンをすぐ購入する

ま と め

腸内環境を整えるだけで、美肌効果やアトピー皮膚炎の改善、痩せやすい体、風邪罹患リスクの低減やインフルエンザ抑制、抜け毛、ニキビの改善といった様々な予防が期待できます。

「第二の脳」と言われる腸を大事にする事は、健康を取り戻すためにとても大切です。

しかし、食生活が乱れがちな生活環境の中では、安定した食事を摂る事はとても難しいです。

そのような時は、サプリメントに頼るのも良いでしょう。

その商品も、安全・安心には力を入れていますので、心配せずにご利用が出来ます。

ただ、乳のアレルギーをお持ちの方は、かかりつけの医師に相談してからご購入下さい。

 

 

 

コメントは受け付けていません。